スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロピコ3


トロピコ3トロピコ3
(2010/05/20)
Xbox 360

商品詳細を見る


SFCのシムシティーが好きで、シムアースとかそのあとタワーとかやったりもしました。
でも、こういうゲームって続編になるとパラメーターが増えて、複雑になってなにをしていいやらわからなくなるし。
そんな心配はあったのですが、ここのところアクションゲーム続きだったこともあり、南の島の雰囲気に惹かれて……。

俺! 南の島のプレジデンテ(大統領)になる!

で、このゲームなのですが、島の独裁者になって農業を開拓したり、鉱石や石油掘ったり、農地で作ったサトウキビからラム酒をつくって外国に売りさばいたりしつつ、スイス銀行の個人口座に送金して私腹を肥やすゲームです。
時代設定は米ソの冷戦下で、島を資本主義で進めるか共産主義で進めるかで、二大国のどちらかを敵に回したりもします。が、難易度低めで始めれば、二大国から定期的に支援を受けられるので良いカモですね。
さらに、定期的に選挙が行われて、国民たちの審判が下されます。きちんと病院とか教会とか住宅とか、インフラをしっかりさせておかないと選挙で負けて即ゲームオーバー。
国民の不満が募ればクーデターも起こるし、国民の賃金を上げないと仕事の効率も上がらないし……こうやって書くとやることいっぱいで複雑そうですが、教会がないなら建てればいいじゃない! とか、貿易が赤字なら鉱石を輸出すればいいじゃない! といった感じで、その都度対処するたびにプレイヤースキルがあがっていきます。

そんなわけで、任期の三十年間(設定で変更可能)でどれだけ島を発展させたかで、最終的な評価ポイントが得られます。

三十年があっという間なので中毒性が高いです。プレイする度に自分なりのセオリーをつくっていく感じ。ある程度、セオリーができてきたら縛りをきつくしいけばいいのかも。低難易度から無理ゲーまで自分で考えてプレイできるますぞ。

箱庭ゲームは規模が大きくなると、あとは時間だけかけて経過をみるばかりの作業になりがちですが、今の設定(三十年縛り)だと、まだ島の全体を開発できていないうちにタイムアップ。人口も450人くらいまでしか増えないし、お金は余ってるし……うう! どうすれば500人に乗せられるんだ!?
なんて感じで、今は入国管理局の「門戸開放」にしております。

以下、初プレイから今に至るまで

・初プレイ 敗戦

 何もわからずに最初の選挙で対立候補に惨敗。プレイ中は「これをたてるといいよ!」というオススメ物件が出るので、言われるままに建てていったけど……アパートがまずかったみたい。アパートの家賃は3ドルと高めで、高給取りの国民しか入居できなかったから、空き室いっぱいだったような。
 それに高校や大学もガン無視したので、診療所(大卒者の職場)や教会(高卒以上)で働けるだけの知識と教養をもった国民がいなくて、建物はあるのに機能してなかった。こういう時は海外から大卒者や高卒者をお金で呼ぶのがいいみたい。

・二回目 低空飛行

 ともかく学校を建てよう! 自国民に教育を施して、海外から大卒を呼ぶのは最小限にするのだ! ということで、高校→大学と教育機関を充実させました。アパートはそういった高給取りの国民用にして、普通の国民には小屋をプレゼント。なんだか街の景観がぼろっちい……。アパートと比べると小屋……しょぼいな。
 住宅問題は一段落したけど、毎年赤字。米ソからの支援でなんとか補填してるけど、移民は増えないし経済がガタガタだ。経済がやばいとアメリカ資本主義が黙っちゃいない。アメリカの信用を失えば支援が得られないので国は崩壊だ! ということで、観光収入目当てで飛行場を建造。キャバレーやレストランにホテルにビーチを整備して、国民はみんなその接待をするのだ! と、意気込んでいたんだけど観光客が増えない。どうして? なんで? あ……飛行場で働ける高学歴がいない……自国民の高学歴卒業者が完成するまでには時間がかかるし、高学歴も診療所や外務省とかに働きに行っちゃったりで、せっかくの飛行場が即廃空港。国民が滑走路で紙飛行機を飛ばしながらキャッキャウフフしてる姿が目に浮かびました。
 結局、海外から招聘して飛行場は動き始めたけど、いまいち観光収入が得られない。なんだか国民の仕事に関するやる気がないみたいな……。
 それにクーデターは起こるし……よし! 軍の基地を作ろう! と、基地を作ったらクーデターは鎮圧できるようになったけど、島の美観は損なわれるし島の自由な雰囲気もなくなるし、あばばば……どうすればいいのさ。
 選挙で票の操作をして辛勝する場面もあり、問題山積みなまま30年が経過。とりあえずクリアしたけど評価値は7000ポイントくらいでした。

・三回目 金

 高学歴量産体制に入り、即使いたい施設には高学歴移民を招聘。軍部のために基地を作り、もう観光とか諦めました。とりあえず町の近くに金鉱脈発見。よし! 掘ってみよう。お! 鉄もあるのか。掘ってみよう。
 すると、あれ? なにこれ? 二大国の支援の数倍の金が入ってくる。そうか! 金ってすごいんだ!
 ということで、国庫が一気に潤いました。なるほど、外貨ってこうやって獲得するんだ。チョロいな。なにこの埋蔵量って? 知るか。ガンガンにほれ! それに今あるトウモロコシ畑はみんな砂糖にしよう。輸出だ。亡者のように金!
 ふくれあがる金。札束のプールで泳ぐ俺、プレジデンテ。我が世の春……とおもっていたら、国民に餓死者が発生。
 はわわわ! トウモロコシが砂糖になっただけで、なんで国民すぐ死んでしまうん?
 衣食住のうち、住環境は整えてあげたし教育も施したけど……そっか、食える作物つくらないといけないのか。
 とはいえ、金はたんまりある! 今まではちょっとずつしか開発できなかったけど、一気に道路を島中に張り巡らせて農地をガンガン作りまくり!
 の、はずが……なんだか建物が全然できない。建築業者が足りなかった……。建築業者はゲームを始めると一カ所だけ最初からあるのですが、これ……一カ所だけじゃ島の発展においつけないみたい。
 お金ができたら、各地にガンガン建てていいものだったのか!?
 気づいた頃にはもう三十年。ため込んだ金もスイス銀行の個人口座に送金していなかったので、あまり評価点は伸びずに10000店くらいの評価。


・四回目 軍部なんていらんかったんや 

 建築業者を増やすことを覚えたプレジデンテに死角はなかった。鉱石を発掘しつつ畑も増やし、緑の豊かな場所にはプチ観光地。さらに沿岸部に漁港。漁港は汚染をばらまくし、輸出してお金を稼ぐのには向かないけど自国民の食料にするにはうってつけ。我が島の魚は美味いのだ!
 高校、大学、診療所、教会……バランス良く配置しつつ、パブやレストランにキャバレーも建設。国民たちの娯楽への欲求を満たしつつ、それでも国庫に有り余る金。
 国民の経済格差が開いているとか。高度成長している証しだと思っていたけど……うーん、金なら売るほどあるからな。そうだ、普通の国民の給料を高学歴くらいにまで上げてみよう。
 あれ? そんなに国庫に打撃がない。というか、国民の仕事の質があがったのか!? 効率アップして収入も増えてるっぽい! それに国民の幸福度は上がるし、選挙をやれば80%くらい票を取るし、もはや俺はプレジデンテではなく神になったらしい。軍による統制もクーデターが起こらないからいらないし、軍の基地は作らなくてもいいや♪
 と、おもっていたら鉱石が尽きた!? が、大丈夫。海に海底油田があったので、採掘開始。鉱石の採掘地には農場をつくってやる!
 そんなこんなで充実の三十年が経過。評価点25000点。やったよ俺やったよ。けど、世界のランキングを見てると数字がおかしいことになってるね。バグ使いなのチートなの? トロピコは本当に地獄だぜ。

・五回目 飲んだくれプレジデンテ

 地味に優秀な観光地化とホテル。けど、今回は観光地は封印しよう。難易度ボーナスがもらえるので観光客が激減する「遙かな地」のチェックボックスをオンに。難易度は100%から126%と、26%も難易度がアップしました。
 鉱石も石油も掘り尽くしてしまうと無くなるという弱点があるので……うん! 決めた!

 プレジデンテはラム酒で国を救う!

 実はこのゲーム、自分の分身となるアバターの外見を設定できる他に、その生まれた背景(農家とか作家とか)や、性格の良いところ、悪いところなんてのを決められて、ボーナスが得られたり悪い性格のデメリットがあったりするんです。
 その中から「ラム酒の輸出額+100%」という設定と、輸出や生産に有利な設定を厳選。
 ラム酒王を目指す。
 国民の福利厚生施設を完備させてから、沿岸部に漁港を量産。国民は魚を食いながら畑でサトウキビをつくり、それをラム酒に変える錬金術を狙った……のだが、世界経済が低迷して輸出が下がったり、思ったほどうまくラム酒工場が働かない。あれ? どうしてなの? サトウキビがちゃんとラム酒工場に届いてないのかな? それとも工場が足りてないのかな? 工場には働いている人がいるけど、ちゃんとラム酒を作ってる雰囲気がないし。
 うーん、思ったよりも増えないというか、まだ何か足りないのかも。ラム酒国家というより、砂糖輸出国家になってしまいました。
 最終スコアは17000。うーん、どうしてこうなった。どうしてこうなった。

 と、こんな感じで楽しんでおります。

 箱庭の中でにょきにょき建物が生えるのが楽しい!
 という人にはお勧めです! マジで!

comment

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

淺沼広太

Author:淺沼広太
ライトノベルのお仕事をさせていただいております。
ゲームとおいしいものが大好きです。
最近、カメラにはまってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。