スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米沢→喜多方→会津 ぶらりグルメ旅

連休を利用してぶらりといってきました。
車に乗せてもらったので、お酒飲みまくり!
他にも卓球のラケットを買ったり、卓球したり、峠道を下ったり、駅弁食べたり。楽しかった♪
ちょっと早めに帰ってきたので、今日から仕事だだだ!

■風景編

DSC_6069.jpg
東京駅から新幹線でGO!
写っているのはやまびこかな。米沢に行くので、乗ったのはつばさ号でした。
コンセントとかついてるし、地味にパワーアップしてないか?

DSC_6084.jpg
速いぞ新幹線! 青春十八切符で十三時間(寄り道含む)の道のりが嘘のようだ。

DSC_6127.jpg
ごらんいただけるだろうか? この無人機的なフォルム。もしかして……UAVなんじゃないか?
誰かスティンガー持ってきて! FPS好きなら落としたくなる。

DSC_6146.jpg
だんだんと山が近づいてきました。まだ雪が残っているんですねぇ。

DSC_6190.jpg
お世話になるおうちに到着。雨が降ったり止んだり晴れ間が出たりしていたら、見事な虹がお出迎え。

DSC_6239.jpg
さっそく近所をお散歩。逆光上等!

DSC_6240.jpg
振り返って順光でパシャリ。影が映り込んでるけど気にしない!

DSC_6337.jpg
ホワイトナイト。槍を持った騎士に見えるとかそうでないとか。右手をあげてフィーバー! ノリにのっている人に見えた。

DSC_6623.jpg
クリーンファームの近く。こちらで親子丼をいただきました。

DSC_6693.jpg
ぱのらまー!
じつはこの背後には……。

DSC_6706.jpg
ダムがあります! ちょっと写真をいじくってみたり。大きな鏡みたいでした。鏡面世界といえば鉄人兵団な世代なのさ!

DSC_6749.jpg
なんだか山水画の世界に迷い込んだような。猪苗代湖到着! 周辺には世界のガラス館や野口(千円札)記念館などがあります。といっても自動車必須! デカイ超デカイ猪苗代湖。ヨットハーバーあるくらいデカイ。

DSC_6748.jpg
そして、またしても虹との遭遇。虹→二次→二次元に早く帰ってこいという仕事の暗示か!?

DSC_6754.jpg
虹を見ていたら……。

DSC_6753.jpg
ジャイアントスワンボートがあらわれたッ!?

DSC_6772.jpg
ガラス館でお買い物。店内撮影は禁止です。隣の地ビール館で焼きたてソーセージとヴァイツェンで一杯! 写真? テンションあがりすぎて撮ってねぇ!

DSC_6804.jpg
白虎隊。参道は急すぎて正面からではなく回り道したり。そばソフトクリームを食べたり、揚げ饅頭を食べたり。歴史より食い気……。

DSC_6822.jpg
新しい感じの石碑。十数年後には風景に溶け込んでいるのかしら。

DSC_6814.jpg
ここでも桜。どこでも桜!

DSC_6824.jpg
さざえ堂へと続く階段。急すぎる! 足腰やばい。

DSC_6837.jpg
白虎隊の隊士の視線の先には……。

DSC_6835.jpg
今もお城が見えます。

■食べ物編

DSC_6370.jpg
あっさり系スープに細縮れ麺の米沢ラーメン。澄み切った味わいなのです。

DSC_6626.jpg
クリーンファームの親子丼セット。セットにすると地鶏の唐揚げがついてきます。
肉質はやや固めですが、噛むほどに深い味わい。もちろん臭みなんて一切ありません。

DSC_6628.jpg
そして親子丼。お肉はモモ肉を小さめに切っています。卵は半熟で、超美味しいTKG状態。
シメに一口だけ残しておいた親子丼に、わさび、ごま、ネギなどの薬味をかけて、鶏のスープでお茶漬け風にしていただきます。
このお茶漬け……やばい。超美味しい。
鶏のスープにはかすかに塩味がして、それだけでも飲めるくらいに美味しゅうございました。

クリーンファームは穴場的スポットなのですが、予約制なのでふらりと立ち寄れません。
焼き鳥なども用意してくれて(こちらも要予約)、予約のさいにTKG定食も裏メニューであったりするとか、しないとか。

DSC_6675.jpg
こちらはビルズの……もとい、ビルズ風の手作りパンケーキ。自分はバナナを切って並べただけ。
食感はかなり再現度高め。

DSC_6791.jpg
ソースカツ丼! 福井の名物という漠然としたイメージでしたが、福島のソースカツ丼は卵でとじます! もちろんキャベツをしいてソースに浸したカツをのせるタイプもあります。が、どちらもこのお店では厚めのカツ。
薄めのカツを三枚くらいならべるタイプを想像していたのでびっくり。
そして、卵とじタイプのソースカツ丼の味はというと……これが超男の子味。
ガツガツいってしまいました。しょうゆベースのダシにはない、スパイシーさと力強いソースの主張がガツン! ときます。が、その強さを卵の優しさが包み込んで不思議と調和している。
これまでに食べたことのない新感覚のカツ丼でした。

DSC_6857.jpg
喜多方に戻ってラーメン! お目当てのお店は大行列なのでパス。地元で美味しいと評判のお店へ。

DSC_6859.jpg
米沢ラーメンと比べると太めですが縮れております。こちらのお店のスープは豚骨は入るのか、ちょっぴり濃厚。
ソースカツ丼の注文が結構入っていたので、ラーメンだけでなくソースカツ丼も美味しいのかも?

■東光編

DSC_6674.jpg
素敵な中庭。

DSC_6385.jpg
酒樽でけぇ!

DSC_6409.jpg
プレミアムっぽいお酒。冷蔵されていました。なんだか芸術作品みたい。有料試飲で大吟醸と古酒をいただきました。う、うめぇ~!

DSC_6403.jpg
中には神様もまつってあったり。

DSC_6395.jpg
まるで戦車。

DSC_6393.jpg
中の人はマネキンです。イケメンマネキンが仕込みを再現。ちょっとだけシュール。

東光は米沢の酒蔵で、資料館もやってます。
ゴールデンウイーク中は利き酒や甘酒サービスに試飲もあって素敵すぎる。
しかも無料開放中。行くべし!

■高畠ワイナリー編

DSC_6643.jpg
晴天に恵まれました。

DSC_6642.jpg
お花の整備中。

DSC_6641.jpg
川の水が透明です。

DSC_6663.jpg
ステージもあるので、連休中は時間が合えばイベントに遭遇できるかも。

DSC_6651.jpg
樽だらけ。地下はうっすら寒いです。

DSC_6650.jpg
ステンドグラスとワイン樽。なんだかどこを撮っても絵になるね。

DSC_6645.jpg
工場もガラス越しに見学できます。デカイ機械は迫力あります。


試飲し放題。甘口のワインが苦手で、国産のワインにも興味がなかったけど、美味しくて感動!
白ワインってこんなに美味しかったんだ!?

■お花編

DSC_6420.jpg
お庭の花。相変わらず名前は知らない。

DSC_6222.jpg
桜! 今年は伊東→浦安→米沢と、三回も見頃の桜に出会えました。

DSC_6569.jpg
どこも満開。ドンピシャなタイミングで旅行しすぎ。桜前線追いかけて。

DSC_6494.jpg
晴れの日ばかりじゃないけれど、曇りの日には曇りの日の桜があるとかないとかで。

DSC_6658.jpg
高畠ワイナリーの室内にて。窓際でガラス越しに柔らかい光がさしていました。室内で撮るとお花が風でブレないね!

■動物編

DSC_6459.jpg
米沢に住んでるから米沢牛なのか!?
カメラを向けるとこっちを向きます。やばい、ちょっと可愛い。

DSC_6473.jpg
牛の厩舎のそばにいた猫。ここの家の子かな? 逃げそうで逃げないでも逃げるタイプの猫でした。


DSC_6343.jpg
モカ氏。女の子とは思えぬやんちゃ姫。

DSC_6275.jpg
こんなかわいい顔して、遊びに来た人にうれションひっかけてくるんだぜ!

DSC_6561.jpg
卓球のボールをくわえると凶暴化。

DSC_6838.jpg
白虎隊の記念館そばの市営駐車場。白虎ではなく黒猫ががが。ひとなつっこいけど、餌をあげないでくださいという張り紙がありました。そして誘導する警備員さんが両津勘吉そっくり。撮影したいと思ったけど、俺のモラルが火を吹いて自重したのは秘密だ。

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

地震の影響はなかったでしょうか?そうであれば嬉しいです。
今7秒後の酒田さんを読んでます。文章がありえんくらい上手くなりましたね。魔王始めました、からの久々(5年ぶりくらい)の作品だったのでどえらい違いに2回くらい作者名を確かめましたよ。こういうのって書いていいんですかね?
しかし、酒蔵のマネキンが人間にしか見えない…

No title

>まくらんさん

昔の話はしないで! (*ノωノ)
継続は力なり。ということで、これからも読みやすい文章に近づけるようがんばります。

米沢は盆地で山に囲まれていて、地盤もかなりしっかりしているそうです。
それでも、二回ほど体感できる揺れはありました。二回とも突き上げるような揺れで「ビクッ!」となる感じです。
浦安だと「ゆーらゆーら」して酔いそう。地域によって揺れ方はかなり違うのだと実感しました。

酒造のマネキンは西洋人顔なので、近づいてしまうとシュールさが際だちます。この写真だと人間っぽいですねぇ。不思議!

No title

お久しぶりです。デェナメスです。
こちらは来年のMFの新人賞を目指し色々四苦八苦してます。
ジャンルはまぁSFです(*ノωノ) キャ!
読みやすく面白くをモットーにしているとこれまた難題
完成したと思ったらえらい読みにくくなって1からてのを繰り返しています
何がいけないんだろう?と自問自答の毎日です。
しかも高校生活があり正直、新人賞に作品が出れるか心配です
アドバイスをもらえたら幸いです
では又
マタネ♪ヾ(゚-^*)≡(((((((*゚-)ノ |EXIT|
P,S
SF系だと設定とか世界観が難しいですね

No title

>デェナメスさん

設定をがんばりすぎると没(落選)した時のショックが大きいので、
がんばりすぎずに、むしろキャラクターの造形(可愛さ、おもしろさ、かっこよさ)をがんばった方が近道な気がします。
あとは、継続は力(以下略)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

淺沼広太

Author:淺沼広太
ライトノベルのお仕事をさせていただいております。
ゲームとおいしいものが大好きです。
最近、カメラにはまってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。