スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高尾山に挑戦

●いきなりのハイキングである。

DSC_0866.jpg
空が青かったから。そんな理由で高尾山へ。

DSC_0871.jpg
とても……行楽日和です。平日なのに賑わっていました

DSC_0891.jpg
苔が生えまくりで、迫力のある樹木。

DSC_0909.jpg
崩れてしまったのか、ぽっかりと穴が空いたみたい。

DSC_0926.jpg
1号路は整備されていて、とても歩きやすい道でした。

DSC_1042.jpg
登るうちに視界が開けてきます。

DSC_1028.jpg
紅葉にはまだ早すぎた……。

DSC_1014.jpg
人の横顔に見えなくもない?

DSC_1120.jpg
こちらは4号路にある吊り橋。1号路とはうってかわって、山道です。狭い!

DSC_1052.jpg
都会から山が見えるように、山も都会を見ている。

DSC_1055.jpg
ケーブルカー乗り場で休憩。

DSC_1057.jpg
こういうの、食べたくなっちゃうんだよねぇ。

DSC_1058.jpg
焼き餅。いいぞ。いいぞ。

DSC_1068.jpg
石段。なんだか時代劇みたい。

DSC_1073.jpg
甘酒は我慢しました。下山も自力でがんばるんだい。

DSC_0952.jpg
似たような構図ばかりです。ズームがないのは、広角一本で行ったから。

DSC_0976.jpg
空気ひんやり……かと思いきや、日差しがあると暑いくらい。

CSC_1284.jpg
本日の不思議な一枚。フレアで画面真っ白だったのですが、画像処理したらこれはこれで……と、自己満足。

DSC_1149.jpg
山頂に着いて一安心。

DSC_1157.jpg
広場があります。ゴミは持ち帰りましょう! が、徹底しているのか、とても綺麗。

DSC_1158.jpg
展望台につくころには、雲が多くなってきていました。

DSC_1174.jpg
オリンパスのドラマチックトーン処理をしてみたいかも。

DSC_1186.jpg
山頂にて。

DSC_1203.jpg
このあと、曇ってしまったのでギリギリのタイミングだったかも。

DSC_1214.jpg
仲がよさそう。

DSC_1217.jpg
青春だねぇ。

DSC_1096.jpg
至る所に木の根が張り出していて、生命力がぱない。

DSC_1100.jpg
圧倒的グリーン。山頂は紅葉も少しだけしていましたが、緑優勢でした。

DSC_1224.jpg
山頂の休憩処でカレーときのこ汁を食す。小学校の給食を思い出すノスタルジックな味わいのカレー。

DSC_1247.jpg
通せんぼだ!

DSC_1146.jpg
秋はまだまだ、これからです。

DSC_1110.jpg
ドアンダー露出。あとから画像処理で明るさ調整をしています。

DSC_1115.jpg
落ちてる葉っぱもデケェよ。

DSC_1255.jpg
魔の6号路。なぜこの道で下山したのか。川の中、飛び石を足場に帰ることになろうとは。

DSC_1279.jpg
下山したころには、お土産屋さんも店じまいを始めていました。

DSC_1283.jpg
夜も雰囲気がいいなぁ。

とてもよかったです。高尾山はミシュランのガイドで☆三つなのだとか。
すごい。すごいよ高尾山。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【高尾山に挑戦】

●いきなりのハイキングである。空が青かったから。そんな理由で高尾山へ。とても……行楽日和です。平日

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2017/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

淺沼広太

Author:淺沼広太
ライトノベルのお仕事をさせていただいております。
ゲームとおいしいものが大好きです。
最近、カメラにはまってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。